keep smiling

大好きな彼のこと

9歳年下の彼との大切な日々
自分の気持ちを整理するための
ブログです

私の話 彼の気持ち つづき

彼と会った時に聞いてみた




気持ちを何にも伝えないのは

何故なのか??




私は気持ちを口に出して

彼に伝える

もちろんLINEでも

大好きだし、嬉しいことも

悲しいことも伝えて共有したい



でも、彼は違う


仕事の話はある程度してくれるけど

自分の感情は露わにしない


好きも

会いたいも

触れたいも

何にも言わない



最初の頃はそれでも

少しだけ甘かったかな?


彼に聞いてみた



○「私があなたを大好きなのわかる?」


●「わかります」


○「そうよね?だってちゃんとつたえるもんね?私は…

じゃあさ、私が何にも伝えなくなってもいい?」


●「うん」


○「なんで?私の気持ちがダダ漏れだからってこと??」


●「違う。 ちゃんと気持ちが伝わるから。言ってくれなくても大丈夫です」




なんですと〜〜!!

なんかヨユーでちょっと悔しい!




○「でもね、私は分かんないよ

不安にもなる

会いたいも、好きも何にも言わないってどうして??」


●「……」


○「私 カナリお利口に待ってると思うんだけどな〜。そうよね¨̮♡︎」


●「です」


○「じゃあさ、たまにはね

好きとかღ会いたいとかღ

思ってるなら言ってくれても良くない??」


●「ヤダ」


○「私が待ってる時

寂しがってるのわかってる??」


●「解ってます」


なんですと??

解ってるのかー?????

(*・ε・*)ムー



○「じゃあさ!!

言ってくれても良くない??


ひと月以上お利口に待ってるのよ


会いたいとか 好きとかさ

気持ちが伝わるようなこと

言ってくれたらどんなに安心して待ってられるか…


少しは考えてくれてもよくない?」



あ、ここまで私

ぜんぜん怒ってませんよ(笑)

かなーりカワイクおねだり中です!!



●「思ってるけどヤダ」



もう、ここからは

懇願!!!




○「ねぇ〜

どんなにカワイクお願いしてもダメ???

好きって言っとけば私が喜ぶって言ってもダメ??

ひと月に一回でも良いからいいでしょ!!!

もうさ!!

すきだよ 言っとくだけでもいいから!

いいでしょ?」




彼の上に乗って詰め寄った(笑)




彼の答えは

え??って思うような物だった






●「だって恥ずかしい


好きだとか、会いたいとか

思ってても口に出したら


僕 何言ってんだろ?


って恥ずかしくて

堪らなくなるから言わない」


●「好きとかは 安売りしないんです」




はぁ.。o0どんだけ恥ずかしいのか

私には分かんないよ〜〜

じゃぁ いつ言うの??



○「わかった…

じゃあもういいです!(。•ˇ‸ˇ•。)」


とベッドから出ようとする私


前々から 恥ずかしがり屋なのはわかってる!でもさ!

これだけ言ってるのに!!



そんな私を後ろから

ギューって抱きとめる彼




○「やだ!!そんなの

お利口にしてるのに私は!」


彼を振り切って

ベッドから出ようとしても

ギューって戻される




彼の声が後ろから聞こえた

●「努力します」



お!努力してくれるの??


満点の答えじゃないけど

まぁ いっか




すぐに彼の上に乗って

お願いの確認


○「じゃぁ約束ね!

ひと月に1回はやっぱりヤダ!

1週間に一回ね!ちゃんと伝えてよ」



●「ひと月に1回ていったじゃん

フウカさん!ズルイ」



言葉よりも行動だと思ってる

彼もそうしてくれてるのは

わかってる



すぐに忘れる彼だから

守ってくれるかはわからない


でもね

努力してくれなら

少しは前進かな?



きっとまた私が待ちきれなくて

○「お願いのやつは??」


って聞いてしまう


そして彼から


●「ほらね

結局なんて言っても

フウカさんに言わされた感に

なっちゃうから…」



って言われるのかも



でも いつか

今よりも

気持ちを伝えてくれると信じて


待ってよ〜〜

(*´▽︎`*p♡︎q