keep smiling

大好きな彼のこと

9歳年下の彼との大切な日々
自分の気持ちを整理するための
ブログです

電話

出張中歩き疲れて

くたばってます(笑)




ある高級施設でステキなトイレに

入ってたその時に…



彼から電話が!!


もー!なんてタイミングで





でも 今までに

よっぽどの仕事の用事か無い限り

電話なんてしてこない彼の電話

プライベートでかけてきたのは

初めてのこと

取らない訳にいかない


慌てて出て取りました




「もしもし…」




この前の出来事で



「悪いと思ってるならご機嫌とって!

出張中に電話かけてきて!」



私が怒ってたの覚えてたんだね

すごく長々と文句いったから

覚えてないかと思ってた




昨晩 長いこと会ってなかった友人と

美味しくお酒を飲んだ後

貧血と酔っ払いが混じって

立ちくらみを起こした私

彼にラインで一応知らせてた




「出張先で会うのは友人と言ったけど

女の子とは言ってないからね!

しらないからね!

誰と会ってるのか知りたかったら

連絡くらいよこしなさいよね!!」



とも、

この前怒ってた私は言ってたかな





「貧血はもう大丈夫ですか?

ごはんちゃんとたべましたか?

順調に回れてますか?」




私の仕事のことも

わかってる彼は

行き先まで どう回るか

一応気にしてくれたのね



ありがと



全てをスッキリともう大丈夫!

って言える程じゃないけど



彼にとっては高いハードルの

電話をしてきてくれたから

まぁ 許してやろう







昨日の夕方

彼の事を考えながら

文具をオーダーした

仕上がりににやけてしまった時




ハッ!!

いやいや まだ

ご機嫌治った訳じゃないですからね!




ってひとりで慌ててましたけど

今回の出張中

新しいものを見るたびに

彼と一緒に見たかったなって

思ってしまいました



好きなんだ

大好きなんだよね



私はだから

彼に甘くなっちゃうのかな?



怒ってたハズなのに

電話で声を聞けたら

すごく会いたくて堪らなくなった



だめだ 帰って会ったら

多分ニッコリしてしまう




まだしばらく

ご機嫌悪い事にしておきたいのに